あさひ なう

 asahi nau

 

 

 

                                              「あさひ なう」とは いまの旭丘中学校を伝えるページです。

 

 

 

 

8年生『14歳の決意』を終えて

『あさひ なう』11/16(月)

令和2年11月16日(月)、本校8年生全員(101人)が、『14歳の決意』を執り行いました。

本取組は、例年『立志式』として行われた行事の装いを新たにしたものです。

 「友だちに優しく寄り添える人になりたい」「みんなを笑顔にできるようにしたい」などこれからの友人に対する接し方を述べた生徒、「将来は警察官になってみんなの安全を守りたい」「お客さんが笑顔になれるような美容師になりたい」など将来就きたい職業について述べた生徒、8年生一人ひとりが、『14歳』のさまざまな決意を8年生全員に対して語りました。

体育館中央に置かれた台の上で、緊張した表情ながらも、大きな声でしっかりと発表できました。

『あさひ なう』11/16(月)

令和2年11月16日(月)、本校8年生全員(101人)が、『14歳の決意』を執り行いました。

本取組は、例年『立志式』として行われた行事の装いを新たにしたものです。

 「友だちに優しく寄り添える人になりたい」「みんなを笑顔にできるようにしたい」などこれからの友人に対する接し方を述べた生徒、「将来は警察官になってみんなの安全を守りたい」「お客さんが笑顔になれるような美容師になりたい」など将来就きたい職業について述べた生徒、8年生一人ひとりが、『14歳』のさまざまな決意を8年生全員に対して語りました。

体育館中央に置かれた台の上で、緊張した表情ながらも、大きな声でしっかりと発表できました。

『あさひ なう』11/16(月)

令和2年11月16日(月)、本校8年生全員(101人)が、『14歳の決意』を執り行いました。

本取組は、例年『立志式』として行われた行事の装いを新たにしたものです。

 「友だちに優しく寄り添える人になりたい」「みんなを笑顔にできるようにしたい」などこれからの友人に対する接し方を述べた生徒、「将来は警察官になってみんなの安全を守りたい」「お客さんが笑顔になれるような美容師になりたい」など将来就きたい職業について述べた生徒、8年生一人ひとりが、『14歳』のさまざまな決意を8年生全員に対して語りました。

体育館中央に置かれた台の上で、緊張した表情ながらも、大きな声でしっかりと発表できました。

 

14sai 1 14sai 2
14sai 3  

 

 

7年生『HAP』体験活動を終えて

『あさひ なう』11/10(火)

令和2年11月12日(木)、本校7年生全員(127人)が、県立嬉野台生涯教育センターで『HAP(ひょうご冒険教育)』体験を行いました。

本取組は、「良好な友人関係の構築」を目的としたものです。友人関係をうまく構築し、さまざまな課題に挑戦する意欲の向上を図るため、本行事を実施しました。学校生活を離れ、ちょっとしたチャレンジ体験をすることによって、チームワーク(良好な友人関係)の構築、課題解決力の向上、自己への気付き、他者への理解など、さまざまな能力の育成につながりました。

具体的な活動としましては、手をつないで鬼ごっこをしたり、巨大なシーソーにバランスを取りながら班員全員が乗れるようにしたりするゲームを行いました。

「普段あんまり話したことのない子といっぱい話すことができた」「何度も失敗したけれど、みんなでいろいろ工夫して課題を達成できた」など、みんなと一緒に頑張れたことに対する肯定的な意見が多く聞かれました。

 

※HAP(Hyogo Adventure Project ひょうご冒険教育)

冒険を通してチャレンジ精神や思いやりの心を育み、こころ豊かでたくましい人間の育成をめざした教育活動。参加者が「勇気を持って未知の領域に一歩踏み出すこと(冒険)」により、心の成長や集団づくりにも効果的な教育活動です。仲間と協力してさまざまな課題に取り組むことで、信頼感や思いやりの気持ちの育成に役立ちます。

 

HAP 1 1112 HAP 2 1112

 

 

 

 

 

『オープンスクール』開催

『あさひ なう』11/9(月)

令和2年11月6日(金)、本年度初めてのオープンスクールを開催したところ、多くの方にご出席をいただき、誠にありがとうございました。

学校の様子や授業の雰囲気等でお気付きになられた点について、ご意見をお寄せいただければ幸いです。

授業参観の後、行いました『人権弁論大会』では、各学年2名ずつの弁士が、日頃の体験や自身の経験から感じた「人権課題」について、ほとんど原稿を見ることもなく、聴く者の心を打つ意見を述べることができました。

今後も、子どもたち一人ひとりの人権を尊重した、安全で安心な学校運営を行ってまいりますので、ご協力とご支援を賜りますよう、お願いします。

2 OS 1 2 OS 2

 

 

 

 

 

 

『トライやる・デイ』を終えて

『あさひ なう』11/10(火)

令和2年11月10日(火)、本校8年生が、学校から地域へと学びの場を移す『トライやる・デイ』を実施しました。

 

本年度は、新型コロナウィルス感染拡大予防のため、例年5日間実施していた『トライやる・ウィーク』を1日実施とし、『トライやる・デイ』と名付けて、活動しました。「地域を見直し、地域貢献の意欲を高めよう」というスローガンを掲げ、通学路を中心とした校区内のクリーンキャンペーンを行いました。

市民安全部生活環境グループに協力のもと、パッカー車を派遣していただき、ゴミを積み入れる作業も体験しています。

また、古川町自治会(老人会)の皆さまが中学生と一緒に活動していただきました。ありがとうございました。

午前中の活動でしたが、通学路周辺のゴミを約60㎏拾い集めることができました。

11101 11102

 

 

 

「スマホ、ゲームの正しい使い方」

『あさひ なう』10/28(水)

令和2年10月28日(水)、本校9年生を対象とした兵庫県警サイバー対策犯罪課による「スマホ、ゲームの正しい使い方」についての講演会を開催しました。

【講演内容】

・安全性を確保するため、提供元不明のアプリは取り込まないこと

・解らないまま『同意』しないこと

・SNSの書き込みや登校した写真は一生消えないこと。

※特に、不適切な内容の書き込みは、脅迫罪や強要罪に問われ、逮捕される可能性もあること

・SNS上に書き込む際には「相手を傷つけないか」「相手に勘違いされないか」「一生残ってもいいか」を考えること。

【生徒の感想】

「以前、怪しいメールが届いたことがあります。気を付けて被害に遭わないようにします」

「友達に冗談のつもりで書き込んだ言葉で罪に問われる可能性がある、気を 付けたい」

 

先日、旭丘中学校区では、小・中学校共通で『ネット利用に関するアンケート』を行いました。アンケートにお答えいただきありがとうございました。調査結果を、十分に考察・検証した上で、後日報告させていただきます。

なお、小野市教育行政顧問の東北大学川島隆太教授からは「ゲーム等を1時間以上すると学習効果が打ち消される」というご助言をいただいております。(詳しくは、小野市教育委員会のホームページをご覧ください。)

※年度当初の計画では、本講演会は、全校生及び保護者を対象としておりましたが、兵庫県警のコロナ対応基準に則り、「9年生のみ」とさせていただきました。この場をお借りして、お詫び申し上げます。

kouenkai1 kouenkai2