あさひ なう

 asahi nau

 

 

 

                                              「あさひ なう」とは いまの旭丘中学校を伝えるページです。

 

 

 

 

『小野市総合体育大会』『水泳授業』

『あさひ なう』6/21(月)『小野市総合体育大会』

令和3年6月18日(金)~20日(日)にかけて、小野市総合体育大会が行われました。速報は、本校のHPでも掲載しておりましたが、各部の成績は以下のとおりです。

【優勝】女子バレー部(A・B)・女子バスケットボール部・男子バスケットボール部・女子ソフトテニス部

なお、女子ソフトテニス部3ペア、卓球部1名、陸上競技部8名が個人戦やリレーにおいて優秀な成績をおさめました。

優勝したチームと各種目個人は、7月10日(土)、11日(日)に行われる東播大会に出場します。

主将からは「これまでチームで頑張ってきた成果が発揮できました。ピンチになった時でも一人ひとりがチームを盛り上げようと努力できました。誰かが頑張ったのではなく、チーム全体で頑張ることができてよかったです」と総体を振り返っての感想を述べています。

各種目会場においては、種目関係者及び観客の方から「旭丘中学校の生徒さんから笑顔で挨拶をしてもらって、とても気持ちよかった」とお褒めの言葉もいただいています。

また、本日より、2年ぶりの水泳の授業が始まりました。1時間目には「ちょっと寒い」と言っていましたが、4時間目には「めっちゃ気持ちいい」とはしゃいでいました。お知らせしておりますように、コロナ対策を十分に行いつつ、水泳指導を行います。

※6月28日(月)~30日(水)の期間、1学期の期末テストを行います。

計画的な学習に努め、提出物の提出忘れ等がないよう、ご家庭でもご指導ください。よろしくお願いします。

水泳授業

 

 

『市内総体壮行会』を行いました。

『あさひ なう』6/16(水)『壮行会』

令和3年6月16日(水)、小野市総合体育大会に向けて、『壮行会』を行いました。8年生の有志を中心として、「どんな壮行会にするか」を計画し、7,8年生全員がATの時に練習し、本日の実施となりました。

各部主将が、「後輩や家族に感謝し、しっかりと頑張ってきます」と総体に臨む意気込みを語り、7,8年生からのエールを受け取りました。

今回の大会は、9年生にとって中学校最後の大会となります。1つ1つのプレーに力を合わせて、心を合わせて、頑張ってくれることを期待しています。

大会への参加は8、9年生のみ、保護者の観覧も9年生保護者のみとなりますが、ご理解をお願いします。

※各種目の会場及び開始時刻等のお知らせを配布しております。ご覧ください。

総体壮行会

 

 

『避難訓練(不審者対応訓練)』を行いました。

『あさひ なう』6/7(月)『避難訓練(不審者対応訓練)』

令和3年6月7日(月)、第1回目の『避難訓練(不審者対応訓練)』を行いました。「9年1組に不審者が入った」という設定で、主に避難経路の確認を行いました。

7年生にとっては中学校校舎で初めての避難訓練となりました。8,9年生よりも少し時間がかかりましたが、慌てず、騒がず、先生の指示どおり、運動場への避難ができました。

子どもたちの登下校における通学路の安全確保につきましては、保護者や地域のみなさまのご協力とご理解が不可欠です。今後も見守り等、よろしくお願いします。

 

避難訓練

『プール掃除』を行いました。

『あさひ なう』6/10(木)『プール掃除』

令和3年6月10日(木)、水泳の授業のためのプール掃除(プールサイドや更衣室、トイレ掃除を中心に)を実施しました。

水泳指導につきましては、6月21日(月)から実施する予定です。

先日、学校からお知らせしましたように、「フィジカルディスタンス(1~2m)の確保」「更衣の際のマスク着用、不必要な会話の禁止」「ゴーグルやタオルの貸し借りの禁止」等のコロナウィルス対策に加えて、熱中症対策を講じた上で水泳指導を行うこととしています。ご家庭におかれましても、毎朝の検温や健康観察をよろしくお願いします。

 

プール掃除

「体験的な学習」を行いました。

 

『あさひ なう』6/3(水)『体験的な学習』

令和3年6月3日(水)、それぞれの学年で『体験的な学習』を行いました。

7年生と9年生は校内で8年生は校外に出て、体験的な学習に取り組みました。

7年生はドッヂボールや身体を使ったゲーム、8年生は紅山登山と散策、9年生は生徒たちが考えたチャレンジクイズ・ゲーム大会を行いました。

それぞれの学年において、生徒たちのアイディアを活かした取組を展開しました。

なお、9年生は生徒向けの進路説明会を行い、自身の進路決定に向けて意欲的に取り組むよう、指導しました。

 

体験的な学習